【雑学】実の娘と将棋の解説をしたプロ棋士がいる(塚田親子)

シェアする

棋士の塚田親子

「家ではパパと呼んでますね。うふふ、恥ずかしいじゃない」

 テレビやネットの将棋番組には、解説をするプロ棋士がいます。分かりやすい解説があるので、初心者でも楽しめるわけですね。その解説を実の娘としたプロ棋士がいます。それが塚田泰明さんと、娘の塚田恵梨花さん。


 なんとこの二人、親子そろってプロ棋士。さらに奥様もプロ棋士という、華麗なる将棋一族なのです。

 親子解説が披露されたのは、ネットのニコ生中継。塚田泰明さんが自ら娘を聞き手に指名したとか。その理由は「他の棋士と解説をするときに、上手にできるように」という、親子愛あふれるもの。涙がちょちょ切れます。

 解説中にも、将棋にまったく関係のない親子トークが炸裂します。

「家ではお互いを何と呼び合っていますか?という質問メールですね」
「お父さん、ですね」
「お父さんって言われたことないよ(笑)。ちゃんと言いなさい」
「家ではパパと呼んでますね。うふふ、恥ずかしいじゃない」

「次のメールです。娘さんが結婚相手に将棋の棋士を選んだらどう思いますか?」
「できれば自分より実績のある人がいいですね」
「といいますと?」
「A級7期、タイトル1期以上。っていうと郷田さんくらいしかいない」
「あはははは」
「でも実際問題、相手を連れてきて結婚したいと言われたら断れないですよ」
「心広く?」
「そうなると思いますけどねえ……」

 ほのぼの~。

 塚田パパは解説中、ハンカチを取り出し汗をふきふき。本人は「暑いから」と言っていますが、内心は娘との共演でヒヤヒヤしていたに違いありません。親子解説、ほのぼのしていて面白かったので、ぜひまたやってほしいです。