電王戦の振り駒はなんとロボットのペッパー → 山崎叡王ポカーン

シェアする

電王戦の振り駒はロボットのペッパー

 将棋のプロ棋士とコンピュータが将棋で戦う「電王戦」。今回は山崎隆之さんとコンピューターソフトのponanza(ポナンザ)が戦います。そこで将棋の駒を投げて先手か後手かを決める「降り駒」が行われました。その「降り駒」を務めたのがなんとロボットのペッパーだったのです。もう一度言います、ペッパー君が「降り駒」をしたのです!


 これまで電王戦の「降り駒」といえば、カドカワの川上会長、元チェスチャンピオンのガルリ・カスパロフ、安倍晋三首相という、超ビッグネームが務めてきました。そこで今回の「降り駒」も誰がやるか注目されていたのですが、現れたのは人間ではなくペッパーでした。

 実際の様子がこちら。

今回の電王戦の「降り駒」はまさかのペッパー

電王戦の振り駒はロボットのペッパー

ファンシーなミュージックとともに登場するペッパー

電王戦の振り駒はロボットのペッパー

電王戦の振り駒はロボットのペッパー

司会者の永田さん(AB蔵)と流暢にクロストークするペッパー

電王戦の振り駒はロボットのペッパー

谷川会長に駒を握らさせるペッパー

電王戦の振り駒はロボットのペッパー

電王戦の振り駒はロボットのペッパー

見事に「降り駒」をするペッパー

電王戦の振り駒はロボットのペッパー

電王戦の振り駒はロボットのペッパー

そして山崎叡王ポカーン

山崎叡王ポカーン
 ペッパー、「降り駒」もできるなんて、恐ろしい子!

参照元 第1期電王戦記者発表会[日程・対局会場・振り駒・スポンサー他]