将棋の対局中に「孫の手」を使いこなす棋士がいる

シェアする

孫の手を使う郷田真隆さん

 将棋のタイトル戦「叡王戦(えいおうせん)」で、解説者の田中寅彦さんと藤田綾さんの会話。

藤田「あっ、孫の手が」
田中「得意戦法出ましたね」
藤田「ふふふふふ」
田中「みんな色んな小道具持ってますけどね、郷田さんのは特殊なんですよ」


 何のことかと思われるでしょうが、火花散る対局中に「孫の手」を使う棋士がいるのです。それは郷田真隆さん。タイトルも持っている実力者で、上品なふるまいから「格調高い」棋士として有名です。

 実際に行われた対局中の郷田さんの「孫の手」をご覧ください。

孫の手を使う郷田真隆さん

孫の手を使う郷田真隆さん

孫の手を使う郷田真隆さん

孫の手を使う郷田真隆さん

孫の手を使う郷田真隆さん

孫の手を使う郷田真隆さん

孫の手を使う郷田真隆さん

孫の手を使う郷田真隆さんを見守る解説者

 シュッシュッシュッ。和服の外から中から、伸ばしたり縮めたり、自由自在に「孫の手」を使って、見事にかゆみを取っています。とても気持ちよさそうです。

 おそらく郷田さんは、手でボリボリかくと見た目が美しくないので、「孫の手」を使っているのでしょう。「孫の手」は格調高い郷田さんならではの「美学」なのです。

参照 【将棋】第1期叡王戦 決勝三番勝負 第2局 郷田真隆九段 vs 山崎隆之八段